ファリネ フレナーラ

フレナーラとは

 

フレナーラは、ファリネと同じく手汗専用の制汗剤です。独自のテクノロジーにより制汗成分を細分化し手汗の原因であるエクリン線を根本から予防する有効成分が含まれています。

 

ファリネと同じく天然エキスを配合し、使用後のサラサラ感も得られます。

 

では、ファリネとフレナーラではどちらが効果的なのでしょうか?また値段は?これらを徹底比較してきたいと思います。

 

 

 

ファリネVSフレナーラ

まずは成分比較です。

  有効成分 全成分 タイプ
ファリネ

クロルヒドロキシアルミニウム
酸化亜鉛

16種類 パウダー
フレナーラ

クロルヒドロキシアルミニウム
イソプロピルメチルフェノール

21種類 ジェル

 

ファリネとフレナーラ両方に含まれている行こう成分のクロルヒドロキシアルミニウムは、肌を引き締める効果のある成分で、毛穴を引き締めることによって汗を出にくくします。

 

制汗剤に良く用いられる塩化アルミニウムと比較して、かゆみや腫れが出にくく敏感肌の方でも影響がないのが特徴です。

 

ファリネのもう一つの有効成分酸化亜鉛は、化粧品や医薬品にも用いられていて、止血、防腐、鎮痛効果があるとされています。

 

一方、フレナーラに含まれているもう一つの成分イソプロピルメチルフェノールですが、こちらも酸化亜鉛と働きが似ていて殺菌、防腐、防カビの効果がある成分となります。

 

それ以外の成分は若干違うものの、それぞれ独自の配合で手汗に効果的な成分が含まれています。

 

成分的にはどちらも互角のような感じですね。

 

しかし、決定的に違うのはジェルタイプとパウダータイプということです。このへんはそれぞれ好みのよって意見が分かれるところかもしれません。

 

 

 

値段と定期コース

次に、値段と定期コースについて比較してみました。

  定期コース 条件 返金保証
ファリネ

初回2667円
2回目以降6880円

3回以上購入 30日間
フレナーラ

初回850円
2回目以降4250円

12回以上購入 180日間


1回ごとの値段はフレナーラの方が安いですが、定期コースの回数縛りが12回となります。

 

一方、ファリネは1回ことの値段はフレナーラに比べて高額ですが定期コースの縛りは3回となっています。

 

また、返金保証はフレナーラが180日、ファリネが30日とフレナーラに比べてかなり短めになっています。

 

ただし、フレナーラは12回の縛りがやはりネックですね。計算すると、トータルで47,600円(税抜き)となります。

 

ちなみにファリネは、3回分なので16,267円(税抜き)となります。

 

ずっと使い続けるならフレナーラの方がお得ですが、もし使ってみて自分に合わないと思っても止めることができないため、微妙なところですね。

 

また、1回のみ購入の場合は

 

ファリネ:8890円(税抜き)+送料600円(税抜き)

 

フレナーラ:8500円(税抜き)+送料680円(税込み)

 

このようにかなり割高になってしまうので、あまりオススメはできません。

 

一人一人手汗の状況は違うので、あなたの症状とよく相談して決めるのがいいでしょう。

 

 

 

まとめ

成分的にはどちらも決定的な違いはないように思いました。しかし、タイプはまったく違っていて、ジェルとパウダーなので好みが別れるところかもしれません。

 

また、ずっと使い続けるのか、それとも必要な時だけ使うのかによっても選択肢が変わってきます。

 

万が一のことを考えると3か月以降解約できるファリネのほうが安心できるのではないでしょうか。

 

ファリネ公式サイトはこちら

 

フレナーラ公式サイトはこちら