ファリネ 効果

ファリネの効果について

 

ファリネは市販の制汗剤と違うのは、手汗に特化した成分だということです。制汗剤だからといって、どの部位にも効果があるわけではありません。

 

なぜなら、手のひらと脇では汗の種類が違うからです。例えば、体から汗が出る汗腺は2つありますが、市販の制汗剤はニオイの元となるアポクリン汗腺に作用するように作られています。

 

ところが、手のひらはもう一つの汗腺であるエクリン線が多いため、通常の制汗剤では効き目が弱いのです。

 

しかし、ファリネはエクリン線に作用する成分に特化しているため、しっかりと手汗を防ぐ効果があるというわけです。

 

 

 

手汗に特化した3つの成分とは?

ファリネ独自の手汗の効果にに特化した成分が下記の3つの成分です。

 

1、制汗有効成分ACH
2、麻セルロース末
3、超微粒子パウダー

 

制汗有効成分ACH

制汗有効成分酸化亜鉛が肌にまんべんなく広がります。ファリネ独自の特殊ナノイオン微粒子が汗に反応し手汗を吸収し、制汗します。

 

麻セルロース末

麻セルロース末とは、天然素材の麻からできた吸収サラサラパウダーです。余分な汗や油脂を吸収しますが、乾燥しすぎない適度な潤いを保ちつつ、手のひらの水分量を調整してくれます。

 

超微粒子パウダー

ファリネのパウダーは、エ7クリン線の1/10の超微粒子パウダーでできています。そのため、汗腺やしわにまんべんなく密着します。手汗の原因でもあるエクリン線にしっかり浸透し、ナノイオンブロックで手汗を防ぎます。

 

 

 

ファリネのこだわりとは?

 

ファリネは無添加にこだわっています。市販の制汗剤はいろんな成分の関係で使用後にかゆくなったり肌荒れなどある場合がありますが、ファリネは余計な成分を一切排除しています。

 

香料
着色料
鉱物油
アルコール
パラペン

 

このような成分を排除することにより、体に優しい無添加のパウダーになっています。そのため小さい子供でも使える天然成分なのです。

 

 

 

ファリネの費用対効果

 

ファリネは成分だけでなく、価格面でも費用対効果も高いといえます。手汗を抑える治療法として、ボトックス注射とETS手術という方法がありますが、これらと比較してファリネは費用を抑えることができます。

 

ボトックス注射・・・1回/7〜10万円(年3〜4回必要)

 

ETS手術・・・10万円前後/保険適用後

 

ファリネ・・・1か月/6,880円(税抜き)

ボトックス注射は年間トータルでみると、もっとも費用がかかります。また、ETS手術は高額医療制度を利用すれば10万円前後で済みますが、副作用の可能性があります。

 

一方、ファリネは1か月あたり6,880円(税抜き)で、天然成分で作られているため副作用の心配はほぼありません。また、1年中手汗がひどいという方はいないと思うので、時期によっては使用しない期間もあると思います。

 

そう考えると、年間トータルで5〜7万円程度の出費で済むはずです。しかも、副作用の心配もないので安心して使えます。

 

費用対効果の面でもファリネは優れた制汗剤といえるでしょう。

 

ファリネ公式サイトを確認してみる