手汗スマホ

手汗でスマホ操作ができない!?

手汗で困ることは、なんといってもスマホの操作です。

 

私も経験がありますが、電話がかかってきてタップしてもつながらない。メールを送ろうと思っても反応しない。

 

もう本当にイライラしてきますよね。

 

そこで、手汗でもスマホ操作ができる3つの解決策をご紹介します。

 

 

保護フィルムを変える

スマホの保護フィルムはいろんな種類があって、手汗の跡が残りにくかったり、フィルム部分がサラサラになっていて操作しやすかったり、反射しにくいものなど様々です。

 

保護フィルムには大きく分けて「グレア(光沢)」と「アンチグレア(非光沢)」があります。手汗に悩む人にオススメなのが「アンチグレア(非光沢)」です。

 

なぜなら、表面がサラサラしていて指の滑りがいいという特徴があるからです。また指の汗や汚れが目立ちにくいという特徴があります。

 

 

タッチペンを使用する

スマホ操作用のタッチペンもまた、様々な種類があります。長さが違ったり、接地面積が大きいものや小さいもの。

 

これは、どのように使用するかで目的により変わってきます。長時間使用するなら長いほうが疲れませんが、携帯には短いほうが便利です。

 

また、人それぞれ手の大きさも違うので、自分に合ったタッチペンを選ぶのがいいでしょう。

 

 

制汗剤を使う

最後は制汗剤を使う、ということです。手汗そのものを抑えることができれば、スマホの操作にイライラすることはないでしょう。

 

手汗用の制汗剤は種類も多く悩むところですが、その中でもファリネという制汗剤はパウダータイプということで人気です。

 

通常制汗剤はクリームタイプが多いですが、ファリネはパウダータイプのため塗った時にサラッとします。クリームタイプのようにべたつきがありません。

 

また、コンパクトなサイズなので持ち運びにも便利です。

 

ファリネを実際に購入した方々の口コミはこちらに目止めているので、チェックしてみてください。
>>>ファリネ購入者の口コミ